So-net無料ブログ作成

女性だけの問題ではない、男性の貧血とその対策 [貧血に関すること]

女性だけの問題ではない、男性の貧血とその対策

1430600.jpg

私は男性ながら、
貧血気味でちょっと悩みを抱えています。

年齢は30代後半、
身長173cm、体重56kg
ということで痩せ気味です。

痩せ気味が
貧血にも影響しているかもしれないので、
最近では食べる量を意識して
少しずつ増やしているところです。

そんな私が、
貧血だと周囲に話すと、
大抵の場合、驚かれます。

世間一般的に貧血というと、
主に女性の病気?と思われがちですが、
原因によっては男性でも起こり得る、
身近な病気?だと思います。

私の場合は、
学生のころに
鼻血が止まらなくなったことがあり、
手当てを受けた病院の勧めで、
血液内科のある病院で、
骨髄検査を受けたことがきっかけで、
体質的に貧血であることが分かりました。

貧血の目安となる血液検査項目は、
ヘモグロビンが12-13くらいで、
男性の参考値よりも少し低いくらいです。

そのほかにも、
血液検査の結果、
いくつかの検査項目で、
正常値(参考値)から外れていましたが、
大きな逸脱ではないので、
特に問題ないでしょうとのことでした。

その当時は、
自分で血液疾患について調べ、
再生不良性貧血が一番目にとまり、
自分がその病気だったらどうしようと、
20歳前後のころに思い悩んだものでした。

結局は再生不良性貧血ではなさそう、
とのことでまずは一安心しました。

その後、貧血以外の症状で
悩まされることはありませんが、
年齢とともに貧血の症状が気になり、
20代の頃よりも仕事も遊びも、
無理が利かなくなってきました。

また痔出血が時々あるので、
貧血にさらに拍車がかかってきている
そんな気がします。

今回は、
自分自身の体に現れている、
貧血について、
改めて調べてみたので、
男性で貧血に悩んでいる方の為にも、
調べて分かったことを
まとめておこうと思います。

 ■貧血とは

 ■貧血の主な症状

 ■貧血の種類

 ■貧血の診断
 
 ■食事療法のポイント

 ■番外編、調理器具の工夫

 ■鉄欠乏性貧血について、その他の注意

 ■まとめ



「女性だけの問題ではない、男性の貧血とその対策」の続きはこちらから


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:健康